自分の歯をできるだけ温存する虫歯治療

治療を先延ばしにしている虫歯はありませんか? 一旦虫歯になった場合、自然に治ることはありません。それどころか、放っておけばどんどん進行してしまいます。そうすれば、治療も複雑で難しいものに……。ごく初期の虫歯であれば、治療も簡単かつ短期間で終わります。歯がしみる、痛いといった症状があれば、すぐに当院にご相談ください。

虫歯の原因

虫歯の原因は、お口の中に棲む虫歯菌。虫歯菌が食べかすの中に含まれる糖分をエサにして酸を出し、その酸により歯が溶けてしまうのです。

お口の中で食べかすが放置される時間が長ければ長いほど、虫歯菌の活動が活発になり、虫歯になる確率は高くなります。また、歯垢は虫歯菌の温床となるので、食べかすや歯垢をお口の中からきれいに除去しておくこと、つまり食後の丁寧なブラッシングが欠かせません。

虫歯の進行段階

当院のダメージを抑えた虫歯治療

レーザー治療でダメージを最小限に

レーザーには、細菌を滅菌する効果があります。歯にレーザーをあてることで虫歯菌を滅菌し、虫歯の進行を食い止めます。また、従来の治療を行った場合は虫歯に冒されている部分よりも広い範囲、つまり健康な部分も削ってしまう可能性がありましたが、レーザーを使えば削り取る部分を最小限に抑えることが可能です。また、神経を抜かなければならないような虫歯でも、神経を温存できるようになります。

ページの上部に戻る

3Mix法で神経を残す

3種類の抗菌剤を使って虫歯を無菌化する治療法です。従来の治療では、重度の虫歯の場合では、大幅に削りかつ神経を抜く必要がありましたが、3Mix法なら神経近くまで達するような進行した虫歯でも神経を抜かずに治療できます。

根管治療で歯を残す

歯の神経にまで達してしまった虫歯は抜歯せざるをえなくなります。しかし、「根管治療」を行えば、抜歯せずに自分の歯を残すことが可能です。

根管(神経や血管などが通っている管)から神経などを除去し、根管内を洗浄・消毒し、最後に薬剤を詰める根管治療。自分の歯を残すことができるので、歯並びや噛み合わせに与える影響も少なく済みます。根管治療は、細かく複雑で肉眼では確認しづらい根管を治療箇所としているため高い精度が求められますが、当院では「Ni-Tiファイル」という器具を用い、より確実な治療を行っています。

【症例紹介】

20代女性の方です。
右下の奥歯が痛いと来院されました。
レントゲンを撮ってみると、治療済みの歯が原因と判明。


  • 膿がたまって、骨が溶けて顎の中に大きな穴ができてしまいました。

  • 膿をきれいに取り除き、しっかりと栓をしてれば骨も戻ります

歯がしみる……。虫歯?知覚過敏?

ページの上部に戻る

虫歯治療のQ&A

※質問をクリックすると、回答が表示されます

Q. レーザーはどのようなメカニズムで虫歯を治すのですか?

Aレーザー治療器が発する光エネルギーが、人体組織の表面で熱エネルギーに変わります。この熱エネルギーを利用して滅菌処理に利用します。

Q. レーザーを照射することで副作用はありませんか?

A副作用がないことが立証されていますので、ご安心ください。また、心臓に持病のある方や高血圧の方、さらに妊娠中の方でも使用が問題ないことがわかっています。

Q. レーザー治療は子どもが受けても大丈夫なのでしょうか?

A問題ありません。キーンという音や振動がないので、お子さんでもそれほど嫌がらずに治療を受けられることが多いようです。

Q. 3Mix法で治療した歯は虫歯が再発することはありませんか?

A通常の虫歯予防と同様に、毎日の丁寧なブラッシングや定期検診の受診をきちんと行っていれば、再発することはほとんどありません。

Q. 3Mix法の治療では治療期間はどのくらいですか?

A一般的な治療に比べ治療期間は比較的短くなります。来院回数も少なく済みます。

Q. 3Mix法で使用する薬に副作用はありませんか?

Aこれまで、3Mix法での副作用は報告されていませんので、ご安心ください。

歯が痛い・・・虫歯でも知覚過敏でもないときは親知らずかも

親知らずとは、奥歯のまた奥に生えてくる歯で、だいたい15~25歳ぐらいの間に生えます。昔は他の歯同様正しく生えていましたが、近年ではあまり噛まなくても食べられる食べものが増えたことから噛む回数が減って顎が小さい傾向にあり、斜めに生えたり一部だけ生えて歯ぐきに埋まったままだったりと、正常に生えてくることはあまりありません。

親知らずがきちんと生えてきた場合、痛むことはありませんが、正しく生えてない場合、ズキズキと痛むことがあります。

智歯周囲炎

親知らずによる代表的な痛みは、この「智歯周囲炎」によって引き起こされます。親知らずの周囲の歯ぐきに汚れが溜まり、歯周病のように歯ぐきが炎症を起こしてしまうのです。放っておくと、親知らずの生えている側の頬が腫れる、口が開けられなくなる、といった症状を引き起こすこともあります。

萌出時の疼痛

親知らずが生える際、歯ぐきや隣の歯に圧力をかけるため、痛みが生じることがあります。

親知らずの抜歯について

ただ、親知らずが正しく生えているか生えていないかはご自身では判断が難しいため、親知らずが生えたら一度当院までご相談ください。

ページの上部に戻る