虫歯や歯周病からお口の健康を守る予防歯科

「一生自分の歯で噛む」ことは、健康的な毎日を快適に過ごすために大切なことです。当院では、ご自分の歯をより長持ちさせるためには病気になる前の処置、予防が重要だと考えています。

お口の中をきれいにし、虫歯や歯周病の原因となるものを取り除く。予防歯科では、治療と異なり歯にダメージを与えることがないため、歯の寿命を縮めることがありません。また、きちんと予防していればそもそも治療が不要になるので、治療にかかる痛みや不安、治療費や通院の手間などの負担を軽減することができます。

予防歯科の重要性

例えば、虫歯になっても治療は可能です。しかし、歯を削るといったダメージを少なからず受けてしまいます。再発と治療を繰り返すうちに、やがて歯を失うことにもなりかねません。また、歯周病は気づいたときにはかなり進行していることもあります。ある程度進行した歯周病の治療では、口腔内へのダメージはもちろん、患者さんへの負担も大きくなります。負担のことを考えるなら、予防歯科が重要なのです。

当院の予防歯科処置メニュー

予防歯科で推奨しているのが、定期検診。当院の定期検診では、様々なメニューでお口の健康のサポートを行っています。定期的にご来院いただき、虫歯や歯周病の兆候がないか、治療済みの歯にトラブルが再発していないかといった点を歯科衛生士がしっかりチェックし、その患者さんに合ったメンテナンスを行います。

また、定期検診を受診することで、万が一虫歯や歯周病が見つかっても早期発見・早期治療にもつながります。簡単な治療で済むため、何度も通院することなく治療を終えることができるのです。

きちんと定期検診を受けている方は、そうでない方に比べて、年齢を重ねても自分の歯を多く残しているという統計結果もあります。積極的に定期検診に通いましょう。

プラークの染め出し

きちんと磨いているつもりでも、意外と磨き残しは多くあるものです。お口の中の歯垢を赤く染め、普段どの程度磨き残しがあるのか、どの部分がおもに磨けていないのかをチェックします。この結果をもとにブラッシング指導を行っていきます。

ブラッシング指導

患者さんの歯並びやお口の特徴に合わせて、磨き残しやすい箇所や歯ブラシがあたりづらい箇所を中心に、効果的なブラッシング方法を指導します。特に、治療済みの箇所はこれまできちんと磨けていなかった可能性が高いので、その点も考慮します。

フッ素塗布

フッ素には虫歯菌の活動を抑制する働きや再石灰化を促す作用があります。そのフッ素を歯の表面に塗ることで、歯質を強化し酸に対する抵抗力を高めます。ごく初期の虫歯であれば、治療可能な場合も。定期的に行うと効果的です。

ページの上部に戻る

PMTC

どんなに丁寧に毎日のブラッシングを行っていても、行き届かない部分があり、蓄積された磨き残しが虫歯や歯周病の原因に。専用器具を使用し、歯の表面や歯と歯肉の隙間など、お口のすみずみまでをクリーニングする処置がPMTC。歯の表面がつるつるに磨き上げられるので、汚れが付着しにくくなる効果もあります。

噛み合わせチェック

噛み合わせのずれはブラッシングのしづらさから虫歯や歯周病のリスクを高め、顎関節症の原因となるだけでなく、全身にも影響してしまうことがあります。お口と全身の健康のために、定期検診できちんとチェックしましょう。

生活習慣の指導

歯周病は生活習慣病の一つといわれるほど、生活に密着した病気です。乱れた食生活や食後の歯磨きが徹底されていないと、治療しても再発してしまうことがあります。生活習慣を見直し、再発する可能性を低くするためのアドバイスを行います。

料金表

表示価格は税抜です

エアフロー 片顎 ¥1,500-
上下 ¥3,000-
PMTC 片顎 ¥3,000-
上下 ¥5,000-

予防歯科のQ&A

※質問をクリックすると、回答が表示されます

Q. 毎日のブラッシングがきちんと行えていれば、歯医者さんでのクリーニングは必要ないですか?

A丁寧にブラッシングしていても、取りきれない汚れがあります。そのため、歯科医院でのクリーニングが必要です。きちんと定期的にメンテナンスを受けていただくことをお勧めします。

Q. 同じようにブラッシングしていても、虫歯にないやすい人となりにくい人は何が違うのでしょうか?

A虫歯になりやすい要因はいくつかあります。食生活を含む生活習慣から、唾液の量といった体質的なことまで様々ですが、共通することは虫歯菌がお口の中で活動しやすい環境であるかどうか。そのため、虫歯菌が嫌がる口腔内環境に整えることが大切です。

Q. 定期検診にきちんと通っていても虫歯になることがあるのでしょうか?

A定期的にクリーニングを行っていても、毎日のブラッシングがおろそかだと虫歯になりやすくなってしまいます。それほど、自宅でのケアは重要なのです。定期検診と自宅のケア、両方に積極的に取り組みましょう。

ページの上部に戻る